新型MacBook Pro発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27292118140_d6ca56fe6c_b

(www.martinhajek.com)

新型MacBook Proが発表されましたが、噂で流れていたものと大体同じ感じでしたね。

最近の噂の精度の高さに驚きを隠せません。
本当にAir11インチが廃止になっちゃいましたしね。

早くもProに搭載されているタッチバーなどのキーワードがTwitter等で出まくっていて、良くも悪くもみなさんかなり関心があったようです。

それでは、新型MacBook Proを超ざっくりと説明します。

新型MacBook Proの超ざっくりな仕様説明

  • 13インチと15インチの2モデルで、カラーはシルバーとスペースグレイの2色
  • Touch BarやTouch IDを搭載
  • 13インチはTouch Bar無しタイプもあり
  • トラックパッドが大きくなった
  • Mag Safe2電源ポートやHDMIポート等、従来のものを廃止
  • Thundetbolt 3のポート4つとバタフライキーボード搭載
  • 15インチにはPolarisアーキテクチャのRadeon Pro搭載

他にも液晶が~とかスピーカー性能が~とかSSDが~とか色々とあるのですが、超ざっくりな仕様説明なのでこんな感じです。
ここで省略した仕様は、大抵が性能向上です。

Boot CampやParallelsやVMwareなどにWindowsを入れた場合、ファンクションキーではなくTouch Bar搭載だった場合、その挙動がどのようなものなのかが気になります。

冒険出来ない方は、別にTouch Barが非搭載でも全く困らないでしょうし、ファンクションキー搭載モデルを無難に選択するのもアリだと思います。

まとめ

Touch Bar無しのファンクションキー搭載モデルが個人的にはちょびっと気になりましたね。

あとは、MacBookと同様に、リンゴマーク(Appleロゴ)が光らなくなったみたいです。
そういった細かい部分の遊び心が無くなってしまってるのがちょっと残念でした。
別にマークを光らせてカフェでドヤりたかったわけではないのですが、光っていた方がオシャレに見えていたんですよね。

個人的感想ではありますが、先日発表されたSurface BookやSurface Studioの方が、どことなく昔のアップルっぽいと思ってしまいましたね。

でも、Touch Barの挙動とか面白そうなので、早く実物を触ってみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする