私がiPodを使い続ける理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ipod

iPhoneが主流になり、iPodシリーズが発売されなくなった今ですが、それでも私はiPodを使い続けています。

現在使用しているのは、iPodの5.5世代でiPod classicの前の世代ですね。
(故障しているclassic160GBも所持しています)

これをカーステレオとして今でも車載しています。

何故、今もiPodを使用しているのでしょうか?
説明していきたいと思います。

1.物理ボタンがある

スクロールホイールと呼ばれる◎の部分ですね。

やっぱり、タッチパネル式のtouchやiPhoneと比べると、あまり画面を見ずに操作出来るのは楽ですね。

私の場合は車載しているので、あまり好ましくはないのですが、画面見ないで曲のスキップ等出来るのが非常にありがたいです。

但し、スクロールホイールの特性上、楽曲が大量にあると探し出すのに一苦労ですが。

2.大容量

HDDなので、touchに比べると大容量です。

iPhoneと比べても当時は大容量でしたが、最近の機種はストレージに128GBや256GBを搭載している物も出てきましたので、iPodのウリが1つ無くなってしまったのは残念ですね。

ただ、それでも私の持っているiPodは80GBありますので、音楽だけを入れる容量としては非常に満足出来る容量です。

3.余計な機能が殆どない

暇つぶし程度のゲームが内蔵されていますが、touchやiPhoneよりも音楽に特化した作りになっています。

iOSで余計なものが動いている状態よりも、シンプルな方が精神衛生上いいですね。

かなり硬派なイメージがあります。

4.電池の持ちがいい

iPhoneよりも音楽の再生時間は少ないですが、専用機としてはかなり満足出来る時間です。
私の持っている端末で連続再生20時間ですね。

20時間はちょっと少ないと思うでしょうが、touchやiPhoneのように別用途が無く、純粋に音楽再生の為だけにバッテリを使用出来るのがありがたいです。

実際は、20時間も持たないですが、充電手段がかなりあるので困らないです。

まとめ

最近は、この手の端末の役割をスマートフォンが奪ってる感じですね。

私の場合は車載しているので、シンプルに操作出来るiPodは手放せないです。

今でも、自宅でiTunesを使えば簡単に同期出来ますし、HDD搭載機なのに案外丈夫で、落下させても普通に動いています。
(落下をオススメするものではありません)

何でも1つに集約するのはスマートではありますが、こういう端末を別途使用するのも楽しいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする