MacBook Proを店頭で触って感じた事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、新型MacBook ProのキーボードやTouch Barにようやく触れる事が出来ました。

近くにあった12インチMacBookのキーボードをいじりつつ、新型MacBook Proのキーボードを触ってきたので、その感想などを書いてみます。

事前に気になっていた、

  • 打鍵音の大きさ
  • キーボードの打ち心地
  • Touch Barの使い勝手

は、一体どんな感じだったのでしょうか?

打鍵音の大きさ

12インチMacBookのキーボードと比較して、かなり音が大きくなってますね。

音が極力出ないようにタイピングする事を心がけてみましたが、なかなか難しかったです。

タイピング速度を遅くすれば、それなりに音を抑える事が出来ましたが、ノリノリで高速タイピングしてしまうと、どうしてもそれなりの音が出ちゃいました。

人が多く集まりそうな場所で長文を入力する場合は、やっぱりこの音が気になるかもしれません。

カフェで動画やネット検索程度の使い方しかしないなら、指先で軽くポチポチ押してれば、そこまで気にはならないでしょう。

キーボードの打ち心地

個人的には、あれはあれでアリなんじゃないかな?と。

Surface Pro2で使ってたType Cover2の感触がもっとしっかりした感じとでも言いましょうか。表現がスゴイ難しいのですが、ちゃんと打ち込めてる感覚はありました。

12インチMacBookのキーボードを改善した物だそうですが、確かにMacBookよりもしっかりした打ち心地でした。

ただ、近くにあったMacBook Pro(2015)の従来のキーボードにも触れてみたのですが、こちらの方がやはり打ち心地がよかったです。

こればっかりは、慣れていくしかなさそうですね。

Touch Barの使い勝手

なかなか面白いですね。

Twitterで話題になった、寿司が流れてくるやつを実際に見てみたいと思ってしまいました。

(↑これ)

これから面白い使い方が色々と出てくると思うので、現時点で不要だと結論付けるのはまだ早いかな?

それでもTouch Barは嫌だ!ファンクションキーじゃなきゃ困る!って方は、13インチTouch Bar無しモデルか、別にキーボードを携帯して回避した方がいいかもしれないです。

連動しているSafariも試してみましたが、タブ表示は正直わかりづらいですね。
複数のタブ開いてみると、どのタブがどのサイトを表示してるのか…。

私はChrome派なので、いつか対応してくれるんじゃないかと楽しみにしています。

まとめ

購入前に気になっていたキーボードやTouch Barに触る事が出来て嬉しかったです。

実際に自分で触れてみて、大体イメージ通りでした。

今回の新要素に不満がある方は、旧モデルの購入も視野に入れるといいのではないでしょうか。

今回は13インチモデルを触ってみたのですが、やっぱり15インチよりも13インチモデルのデザインの方がしっくりきました。あのサイズでRadeon搭載してくれたら即買いだったんですけどねぇ。

※私個人の感想なので、他の方には必ずしも当てはまらないという事を書いておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする