MacBook Pro用に事前に買っておきたい物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく、MacBook Proが届く12月になりました。

今年ももう終わりが見えてきたわけですが、コイツが届かない事には年は越せない!

というわけで、MacBook Proを使う為の事前準備を考えています。

元々、WindowsユーザでMac端末を使ったのがPerformaまで遡るという、初心者と言ってもいい状態。

当然ながら、Mac用の物など殆ど所持しておらず、少しでも何か準備しておこうと思ったわけです。

ちなみに、現時点でMacBook Proに使用出来るアイテムは、

  • USB-C – USBアダプタ

usb3

コイツがあるだけです。

まあ、これがあれば最低限は何とかなっちゃうんですけどね。

この記事は、他の方には申し訳ないですが、自分向けの備忘録みたいなものです。

買う予定の物

  • Windows10 64bit版とParallels Desktop
  • シェルカバーとキーボードカバーとケース
  • USB-C接続のUSB3.0用ハブ

今のところこれくらいでしょうか。書き出してみたら意外と少なかった…。

一応、それぞれの用途でも書いておきます。

Windows10 64bit版とParallels Desktop

Boot Campでの運用を検討していたのですが、不具合があるっぽいので、Parallels Desktopでの運用を検討しています。

私自身は昔からVMwareユーザなので、本当はそっちがよかったのですが、開発チーム全員解雇とか危険なニュースもあったりしますので、今後を考えてParallels Desktopにします。

Parallels Desktopを調べてみると、結構みんな使っているようなので安心ですね。

※Boot Campの不具合がアップデートにて修正された模様です。

シェルカバーとキーボードカバーとケース

シェルカバーは本当は買いたくないんです。ただ、ある程度の本体保護がしたいなぁと。

手元に来る前から考える事じゃないのですが、将来的に手放す事があった時の査定の事を考えると、ある程度の品質は維持したいのです。

それと、キーボードカバーも打鍵感が変わってしまうので本当は買いたくないのですが、キーボードの音が抑えられるかどうか試してみたいので購入予定です。

ケースは欲しいですね。ウチにあるノートPC用のケースは13インチ用が最大なので、15インチだと入らないんですよね。

液晶保護フィルムやタッチパッド用のフィルムについては、今のところ買えるなら買おうかな?くらいのレベルです。

USB-C接続のUSB3.0用ハブ

今手元にある、USB-C – USBアダプタだけでも何とかなるのですが、もっと接続したい時の事を考えて購入予定です。

自宅でモニタ接続はしない予定なので、HDMI端子が付いてるハブじゃなくてもいいです。

最後に

MacBook Pro(2016)をそのまま使用出来る方はいいのですが、私のように何かしら買い足す必要がある人は多いんじゃないでしょうか。

せめて、本体にUSB端子を付けられないんだったら、1つでもいいからデフォルトでUSB-C – USBアダプタを付けて欲しかったです。

思った以上にお金がかかってしまいますが、自分が快適に使用する為の投資と割り切るしかなさそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする