ドラクエ10でアカウントハックされた時の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ、ドラゴンクエスト10でWindows版が出る前の話。

職場で休憩中に、冒険者の広場(ドラクエ10プレイヤー専用サイト)で何気なく自キャラの確認をしたら、自キャラが以下の画像のように裸で表示されてたんです。

hack2

こんな装備で酒場に預けるわけがないし、何かがおかしい。

てか、げんぶの腕帯+3持ってなかったし!

そんな違和感の中、管理ページにいってみると、登録してあるメールアドレスが1つ追加されていました。

はい、明らかに中華の犯行です!

china-pokemon-go

(※上の写真は当時の中華業者のドラクエ10環境だそうです)

当時は今以上にドラクエ10は中華業者が蔓延っていたんです。

帰宅後、慌ててゲームにログインしてみると、普段絶対に行かないサーバ31グレンで、自キャラが裸のまま放置されていました。金目の物は全て処分され、ゴールドは当然0。フレンドも0になっていてチームからも抜かれていました。

家がタンスや屋根裏収納も含めて無事だったのがせめてもの救いでした。

ですが、このままじゃいけないって事で、慌ててログインパスワードを変更してキャラの救済依頼を運営に出しました。

キャラクターの救済依頼手順

スクウェア・エニックスの専用サポートページがありますので、そこにログインします。

スクウェア・エニックス サポートセンター

ここの同意事項を読んで、下の入力フォームに必要事項を入力します。

なお、本人確認の為に公的書類が必要になります。
私の場合は、運転免許証をスマートフォンで撮影して送りました。

救済に申し込みから1週間から10日ほど時間がかかると書かれていますが、私の場合は数日でほぼ元通りになりました。

ほぼなのは、同意事項にも書かれていますが、戻せない部分がいくつかあるからです。

たかがゲームと侮るな!

管理ページにログインされていた形跡があったという事は、登録している住所やメールアドレスといった個人的な情報が相手に漏洩してしまいます。

私は、当時いつゲームを辞めるかわからなかったので、課金を自動継続されてしまうクレジットカードではなく、Wiiポイントプリペイドカード(今はニンテンドープリペイドカード)で行っていました。

そのおかげで、金銭的な被害はありませんでしたが、クレジットカード決済で登録していたらと思うと怖いですよね。

対策は?

パスワードを煩雑な物に変更して、セキュリティトークンを導入して下さい。

私は、速攻でパスワードの変更とトークンの導入をしました。

セキュリティトークンは有料で販売されていますが、スマートフォンやタブレットを所持している方なら、無料アプリがありますので、そちらを導入するといいですね。

まとめ

こういった不正アクセスは、ドラクエ10に限らず、他のネットゲームでも起こる危険があります。

たかがゲームだと考えずに、自分の身は自分で守るようにしましょう。

実際に自分が痛い目にあって、初めてセキュリティの大事さがわかりますね。

ちなみに、私は色々なMMORPGをプレイしてきましたが、ドラゴンクエスト10の運営はかなりしっかりしていますので安心して下さい。
他のネットゲームなんか、運営が酷いところだとこの手の話を完全にスルーしますからね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする