ニトリの組み合わせフリーテーブルがPCデスクに向かないたった1つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はPCデスクのお話。

家の近くにあるニトリで、結構前ですが組み合わせフリーテーブルを購入して、それをPCデスクとして使用しています。

ですが、ある時から異変が起こっているんですよ。
結構、ネット上でも私と同様の異変が出てる人多数みたいです。

今回は、私が実際に使用してみて、ニトリの組み合わせフリーテーブルがPCデスクに向かないと思った理由をたった1つですが書く事にします。

奥行きや長さが個人的には気に入ってるだけに、本当にこれだけが残念でなりません。

ニトリの組み合わせフリーテーブルがPCデスクに向かないたった1つの理由

耐荷重以下の物しか載せてないのに撓む(たわむ)

ホントこれ。これさえ無ければいい商品だと思うんですけどね。

ネットで撓みの犠牲になった方数名が書いていましたが、天板の耐荷重は30kgらしいです。

私の環境だと、

  • RDT235WX(約6.5kg)
  • EV2736W-ZBK(約9.9kg)

の2つのPCモニタ(約16.4kg)だけを天板に置いた状態で、半年もしないうちに撓んでしまいました。

となると、実際の耐荷重はそれ以下って事ですよね?

この撓みのせいで、モニタ同士を隣接させて使用しているのですが、斜めにズレています。

原因ははっきりとわかっていて、フリーテーブルの構造が天板に足を付けるだけというシンプルなものなので、天板を補強するフレームが全く無いんですよね。

アームでの運用も当初は計画していたのですが、この撓みを体験してから製品に対しての信頼性が全く無くなってしまいました。
アームなんか使用したら、そこから割れるんじゃないかという恐怖が勝って、とてもじゃないですが使用しようという気になりません。

その割に、懲りもせずに天板を1回撓みのせいで買い替えて、何だかんだで今の2つ目で計8年ほど使用しました。

8年も使えれば元は取れたのでしょうが、コストパフォーマンスがいいというより、撓みに耐えて我慢しながら使い続けてる私が異常なだけで、普通の人なら速攻で買い替えるレベルです。

見た目的にもあまりいいとは言えないので、いい加減に普通の机を買った方がいいんじゃないかと考えるようになりました。

次に検討している机は?

L字デスクが欲しいですね。

上を見たらキリがないので、安くてもいいから撓まないやつで。

この辺あたりで全然問題無いのでポチっちゃいますかねぇ。

下にフレームあるからきっと撓まないはず!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする