MacBook Pro 15インチ(2016)でのドラクエ10ベンチ結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて、Macでドラクエ10やっているプレイヤーの皆様お待たせしました。

案外、記事になっているようで記事になっていない、新型MacBook Pro 15インチのドラクエ10ベンチの結果です。

先に言ってしまいますが、ゲームに特化したWindowsのゲーミングノートPCのようなベンチ結果は期待しないで下さい。

それではスタート!

その前に

私が普段使用しているデスクトップでのベンチ結果を参考までに掲載しておきます。
今回、条件を合わせる為にベンチマークソフトのバージョンをVer.1.4kで統一して全てベンチを測定し直しています。

内容は全て、

  • グラフィック設定:最高品質
  • 解像度:1920×1080
  • 表示方法:ウィンドウとフルスクリーンをそれぞれ
  • OS:Windows10 Pro 64bit

で測定しています。

画像サイズのバラつきはご容赦下さい。

メインPC

CPU:Core i7 4770K(3.9GHzから4.4GHzへOC)
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX 770

  • ウィンドウ

  • フルスクリーン

サブPC

CPU:Core i7 950(3.06GHz)
メモリ:12GB
GPU:Radeon R9 270X

  • ウィンドウ

  • フルスクリーン

メインPCはOCしてるので、ある意味インチキですね。
あまり参考にならないでしょう。

それよりも、7年前に作ったサブPCが思った以上にスコア健闘していますね。
一時期、スクウェア・エニックス公式でAMDキャンペーンをやってただけの事はあります。

そうなると、同じRadeon搭載のMacBook Proのスコアにも期待したくなります。

それでは、お待たせしました!
MacBook Pro 15インチ(2016)のベンチ結果です。

MacBook Pro 15インチ(2016)のベンチ結果

今回は、BootCampとParallels Desktop 12でそれぞれ測定しています。

CPU:Core i7-6700HQ(2.6GHz、TB時3.5GHz)
メモリ:16GB
GPU:Radeon Pro 460

というスペックのMacBook Proを使用しています。

Boot Camp

  • ウィンドウ

  • フルスクリーン

個人的にはちょっと意外な結果でした。

いくらデスクトップと比較しても根本が違うので意味が無いとはいえ、2009年のCPU搭載のサブPCには勝てるだろうと最初思っていたので、負けちゃったのがショックです。

ただ、サブPCにはそこそこ新しいRadeon R9 270Xを載せてあるので、その部分で何とかなってる感じでしょうね。

逆に、CPUが古くてもグラフィック部分を強化すれば、PCを買い替えなくてもドラクエ10に支障無いスコアが出るというのがわかります。

では、次はParallels Desktop 12の結果です。

Parallels Desktop 12

  • ウィンドウ

  • フルスクリーン

設定出来ず未測定

困った事に、フルスクリーンでベンチを測定しようとすると、解像度が640×480しか選択出来ないんですよね。

私の設定が悪いのか、慣れてないのでよくわかりませんが、現時点では測定不能という事で!

Parallels Desktop 12での測定結果が、Boot Campを下回った理由として考えられるのは、

  • CPUが2コア4スレ設定(Parallels Desktopの設定最高値)
  • メモリ8GB(Parallels Desktopの設定最高値)
  • GPUは1GB(2GBが設定最高値で測定したが結果変わらず)

といった感じで仮想ならではの制約があるので、Boot Campを下回ってしまったと思われます。

ただ、動作がもたつく感じはなかったので、これだけの数値が出せるならプレイには支障無いかと。

実際に少しですがプレイしてみたところ、自キャラの影が何故か違うところにも表示されたりして、表示に多少の不具合はありましたが、ゲーム自体は特に問題無くプレイ出来ました。

まとめ

私の家の環境では、このような結果となりました。

PCウィンドウフルスクリーン
メインPC(自作機)1982320025
サブPC(自作機)1613915554
MacBook Pro 2016
(Boot Camp)
1486614628
MacBook Pro 2016
(Parallels Desktop 12)
10314

ドラクエ10は、設定を下げれば中華タブレットでも動かせるレベルの比較的軽めのゲームなので、MacBook Proのスペックであれば、Boot CampでもParallels Desktop 12でも好きな方で構わないというのが結論です。

個人的な意見としては、MacBook Pro 15インチ(2016)でもゲームは出来ますが、Windowsのゲームをガッツリ遊ぶのがメインで、これからノートPCの購入を考えている方がいるなら、私はWindowsのゲーミングノートPCを買う事をオススメします。

そちらの方が安くて性能が上の物が多数ありますし、メモリ32GB搭載出来るPCもあります。

では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする