サブPCの困った事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook ProにWindowsを入れる為、サブPCのWindows10をUbuntuに変更して、MacBook Proにライセンスを移しました。

そこまではよかったんですよ。

その先を自分でも考えていなかった…。

サブPCの困った事

MacBook Proが来てから、MacBook ProとメインPCの2台を触る機会が多くなり、動画視聴も操作に慣れる為にMacBook Proであえてしています。

そうなると、

サブPCで何するの?

ってなっちゃうんですよね。

つまり、用途が無いんです。起動はしてても全然触らない状態になってしまいました。
個人の趣味用途レベルでPC3台を同時に動かす事ってそうそう無いですし。
私の場合は、片方で動画エンコードしながら片方で作業をしつつ、もう一方で動画再生とかやるくらいかな?

sambaでHDD共有していく為に存続させるのもいいのですが、そうなると電気代が勿体ないんですよ。

それだったら、サブPCのHDDをメインPCに付けてあげた方がいいです。

そんなわけでサブPCを構築したのはいいですが、何に使っていいのかさっぱりわからなくなってしまいました。

サブPCのさらに困った事

ブログ記事用に存続も考えたのですが、サブPCのUbuntuネタの閲覧数って微妙なんです。

Linuxを自ら選択する人って、WindowsやMacに比べるとごく僅かです。
Linuxを普段使いで運用するような人は、それなりのスキルを有している人が多いので、私の書く記事のようなライトな物は求めないのではないかと分析しています。

そうなると本当に、

サブPCで何するの?

ってなっちゃうんですよね。

しかも、サブPCの記事を今後書くようなネタがあるかどうかもわかりません。

今後どうするべきか

色々と考えて、

  • メインPCにHDDを移植してサブPCを廃止、モニタをメインPCに接続してデュアル環境構築。
  • サブPCを廃止してHDDをメインPCに移植、モニタをMacBook Proに接続してクラムシェルモードで使用する。
  • 従来通りメインPCとサブPCを使用して、自宅では極力MacBook Proを使用しない。
  • 現状維持で、必要な時だけサブPCを起動する。

の中から選択予定です。

この中では3番目が一番可能性低いですけどね!

サブPCは7年前に構築したPCなので、そう考えるともう十分に元は取ったでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする