DQ10をMacBook Proのバッテリ環境でプレイしてみた2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のバッテリ稼働結果が散々だったので、省電力に関する設定を色々といじって再挑戦してみました。

昨日の結果は、

DQ10をMacBook Proのバッテリ環境でプレイしてみました。どれくらいの時間プレイ出来るのでしょうか?

を見て下さい。

果たしてリベンジなるかどうか!?

DQ10をバッテリで普段通りプレイしてみた

今日は普段通りにDQ10をプレイしました。

まあ、やった事といえばピラミッドの7〜9と試練1周くらいで、それ以外はアイテム整理だったり、チムメンとチャットしてたりといった感じの、本当にごく普通のまったりプレイです。

(※プライバシー?保護の為に今回も意味無くゲーム画面に処理を施してあります)

今回もバッテリが0%になって、MacBook Proが落ちてしまう瞬間まで時間を測定しました。

果たして稼働時間は?

気になる稼働時間は?

今回の結果は、

2:17:29となりました。

昨日の結果が、

1:49:56だったので、約27分くらい延びました。
前回とプレイ内容が違うとはいえ、約27分延びたとなると、省電力設定はある程度効果あったのではないでしょうか。

ゲームの解像度なのですが、前回も今回も1280×720でプレイしています。

まとめ

そこそこ時間を延ばす事は出来ましたが、個人的にはもう少し延びて欲しかったです。

でも、これ以上をバッテリ稼働で望むのであれば、本当にポータブル電源等のお世話にならなきゃいけなそうです。

それ以前に、電源取れないような環境でそんなに長い間ゲームなんかやるなよ!って事なのでしょうか。

きちんとシャットダウンせずに落ちてしまうと色々問題が出てしまいそうなので、私は実際にはここまでやらずにシャットダウンしますよ。皆さんもお気をつけて。

とりあえず、年末年始の時間潰しは、Miix2 8と2台構成+スマホで何とかなっちゃうと思うので、それで回避していきます。

という事で、今回はおしまい!