ParallelsをやめてBootCampにした話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Proを購入した際に導入したParallelsですが、今はそれをやめてBootCampにしています。

その理由について説明したいと思います。

ビジネスユースじゃ全く持って参考にならない記事ですので、予めご了承下さい。

ParallelsをやめてBootCampにした理由

理由は、

  1. ゲームの表示でおかしいものがある
  2. 解像度の問題
  3. MacBook Proのスペックを最大限に活かしたかった

です。

では、1つずつ説明していきます。

1.ゲームの表示でおかしいものがある

ドラクエ10では影表示などに不具合があり、FF11はテクスチャ表示がおかしかったです。

ドラクエ10はまだあまり気にしないでプレイ出来るのですが、FF11はもはやゲームに支障をきたすレベルでおかしかったです。

設定を色々といじれば直るのかもしれませんが、私には直せませんでした。

顔の顎付近からビヨ~ンと変なものが飛び出して画面を覆い尽くすとか、さすがに我慢出来るレベルじゃなかったです。

VMwareではFF11も正常に表示されたのですが、今度はドラクエ10のベンチスコアがガタ落ちしてしまいました。

記事にはしませんでしたが、1920×1080最高でベンチを取ると4000台になってしまって、内蔵GPUかよ!ってツッコんでしまいたくなるようなスコアが出てしまったので、VMwareへの移行はこの時点で無くなりました。

このスコアで妥協するんだったら、13インチでも良かったとなっちゃいますし。

2.解像度の問題

Mac上でWindowsを動かし、そこでゲームを動かすとかなりの頻度でWindows側の解像度が変わってしまう問題が出ちゃいました。

これも、設定でどうにか出来るんでしょうが、私ではいくらいじってもどうにもならなかったです。

Macの一部としてOSを意識せずに動かせるのはすごい良かったんですがねぇ。

3.MacBook Proのスペックを最大限に活かしたかった

MacBook Pro15インチには、GPUとしてRadeonが搭載されています。

仮想環境で稼働させると、これが多少なりともスペックダウンしてしまうんですよね。

あまり体感出来るレベルではないのでしょうが、さすがに勿体無いなぁと。

まとめ

そんなわけで、最大限に活かせるBootCampが一番という結論に達しました。

ただ、完全にParallelsを捨てたわけじゃなく、ParallelsにはBootCamp領域を動かす機能がついてるんですよ。

なので、マシンパワーが必要だったりゲームのようなきちんとした形で動いてほしい物についてはBootCampで動かして、ビジネスアプリを動かしつつMacと色々連携させたい場合はParallelsといった感じで使い分けています。

私の使い方だと、完全にMacである必要はないですね…。

でも、私はMacを使っていきますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする