オンラインゲームの環境構築について考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日からドラクエ10は3.5中期だそうです。

アップデートだけはしたんですけど、今年に入ってから全くドラクエ10はプレイしていません。

最近、私はどうもそのゲームの内容を純粋に楽しむというよりも、そのゲームを動かす環境を構築するのが好きなだけなんじゃないかと思っているんです。

今回は、

  • 普通に動く環境の構築
  • 普通とはちょっと違った環境の構築

に分けて、自分が環境構築だけが好きで実際のゲームはそんなに楽しんでいないと思ってしまった理由をダラダラと書き綴っていきます。

私以外にも環境構築厨っているんじゃないですかね?

普通に動く環境の構築

これは、各ゲーム毎に推奨だったり必須だったりする環境をベースとして、自分でプレイするPCを考えていく形です。

普通の方であれば、メーカー製PCを購入したりBTO購入となるのでしょうが、私の場合は自作PCを組み立てています。

色々と考えて組み立てて、きちんと動いた時の感動は最高です。

ギリギリのスペックで構築する方もいますし、明らかにオーバースペックで構築する方もいて、それを見るだけでも楽しいです。

実際にゲームの動作を確認して、何も問題が無ければ普通の人ならそのままゲームをプレイして楽しむのでしょうが、私の場合は環境構築の時点で満足してしまい、ゲーム自体はどうでもよかったりしちゃうんですよね。

普通とはちょっと違った環境の構築

私の場合だと、

  • MacBook ProにParallels Desktop12を入れて環境構築
  • VMware Playerで仮想環境構築
  • 格安Windowsタブレットで環境構築

という感じでしょうか。
中にはスティックPCだったり、NUCだったりで構築してる方もいます。

こういった環境を構築した場合、ゲームをプレイして内容を楽しむというよりも、〇〇の部分の処理がちょっとおかしいとか、そういう部分ばっかり気になってしまいますね。

でも、制約がある環境下で正常動作するとすごい嬉しいです。

最後に

普通の人であれば、やりたいゲームをプレイする為に構築していくのでしょう。
そして、環境が出来たら普通にゲームをプレイして楽しむのだと思います。

私の場合は、自分の構築した環境でそのゲームがちゃんと動作して普通にプレイ出来るかの方が気になって、そこを達成してしまうとそれで満足してしまって、肝心のゲーム自体はどうでもよくなってしまうようです。

実際に4アカ環境構築して楽しんでいたはずのドラクエ10もあっさりと休止しちゃいましたし、現在プレイしているFF11の2アカも、いつまで続くのか自分でも疑問です。

自分がゲームそのものよりも、環境構築する事の方が好きなのに気付いてしまったので、今後どうやってそのネットゲームと接していくか悩んでいる最中です。

実際にゲームしてても、そのゲームを好きで好きでたまらない人との温度差があって、イマイチ楽しめていない部分もあるんです。

そこで、自分の中に一つの答えが生まれようとしています。

「自分はネットゲームに向いてない」

ホント、これかもしれない…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする