昔の記事と今の記事で言葉遣いが違う理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しずつですが、過去に公開していた記事を非公開から公開に戻してるのですが、昔書いた記事は当時書いたままで公開しているので、今の言葉遣いと全然違っています。

自分を表すのに、今は私ですが当時は俺だったり、句点も今は【。】を使ってますが、当時は【.】だったり。

でも、それを知りながらわざとそのまま公開しています。

今回は、その理由について書いていきます。

昔の記事と今の記事で言葉遣いが違う理由

このサイトの記事作りは、Googleアドセンスを導入する前後で相当変わりました。

以前は、今以上に自己満足な運営だったので、言葉遣いを自分が書きやすい形にしていました。そっちの方が記事が作りやすかったので。

今は、多少なりとも他の人に読まれる事を前提に作っていますので、言葉遣いもある程度丁寧にしています。

昔の記事の言葉遣いを修正しない理由

その当時、自分が感じた事をその時のそのままの形で公開したかったので、あえてそのままにしてあります。

今の言葉遣いで公開してもいいのですが、それは今の自分が書いた記事であって、当時の自分が書いたものではないからです。
自分の中では、当時の好き勝手書いていた頃が結構好きだったりするので、変な拘りかもしれませんが、今後も過去記事を公開する場合は当時のまま掲載していく予定です。

言葉遣いが違っていたら、この記事は昔作った物なんだなぁとでも思っていただければと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする