Touch Barに対応したChromeを使ってみた感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのバージョンからかは忘れましたが、さりげなくChromeがTouch Barに対応しました。

せっかくなので、このTouch Barに対応したChromeを記事にしてみます。

Touch Barに対応した事によって使い勝手は向上したのでしょうか?

Touch Barに対応したChrome

現行バージョンのTouch Barのデフォルト表示はこんな感じです。

左から、

  • 戻る
  • 進む
  • 更新
  • ホーム
  • 検索&URL入力
  • ブックマーク
  • 新しいタブ

となっています。
私は試していませんが、カスタマイズでTouch Barに表示する物を変更出来るらしいです。

ただ、残念ながら私はTouch BarをChromeでは使用していません。

その理由について説明していきたいと思います。

Touch BarでChromeを使用していない理由

進むと戻るについては、スワイプによって簡単に実行出来るので使用していません。

更新については、command+Rのショートカットで代用してしまうので使用していません。

検索&URL入力については、アドレスバーに直接入力してしまえばいいだけなので使用していません。

ブックマークもアドレスバーのところにあるので使用していません。

新しいタブはタブの右側をクリックすればいいだけなので使用していません。

ホームだけはたまーに使用していますが、それ以外は全くといっていいほど使用していませんね。

やはり、Touch Barに視線を移動させるロスが勿体無いと感じてしまうんですよ。

最後に

私はTouch Barを全くといっていいほど使いこなせていないので、残念ながら従来と全く同じ使い方になってしまっていますが、Touch Barを使いこなせている方には便利なのではないでしょうか。

誰か、回転寿司ネタ以外のTouch Barのいい活用方法を知っていたら教えて欲しいです…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする