Chrome(Windows版)を更新したらマウスホイールが使えなくなった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかのChromeネタ2連発目でございます。

ChromeがTouch Barに対応したので使ってみました。使用した感想を率直に書いていきます。

前回の記事はMac版ですが、今回はWin版です(Macでも同様の事例があるかはわかりませんが…)

自宅のWindows PCに入っているChromeをバージョン61.0.3163.91に更新したらマウスのホイールが動かなくなりました。

しかも、下方向だけ使えずに上方向は今まで通り動くという不可解な現象。

IEやFirefoxでは普通に動作しているので、Chromeだけの現象です。

ネットで調べたら解決したので、同様の現象で悩んでいる方の為に記事にしてみました。

Chromeのホイールが動かない場合の解決方法

私は、以下の事例に当てはまっていました。

Google グループでは、オンライン フォーラムやメール ベースのグループを作成したり、こうしたフォーラムやグループに参加したりすることで、大勢のユーザーと情報の共有やディスカッションを行うことができます。

拡張機能でGestures for Google Chrome™を使用していたのですが、コイツがどうもダメみたいです。

これを無効にすれば今まで通り動きます。

もしもマウスジェスチャーが必要であれば、記事にもあるようにcrxMouse Chrome™ Gesturesへ乗り換えるといいでしょう。

私もcrxMouse Chrome™ Gesturesに乗り換えました。

Logicoolのマウスでホイールが使えなくなる不具合

Logicoolのマウスを使用しているとホイールが使えなくなるという不具合もあるようです。

世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。

私の使用しているマウスもLogicoolだったので、最初はこちらの不具合を疑っていたのですが、違っていました。

Logicoolのマウスを使用している方は、こちらの不具合も疑った方がいいでしょう。

最後に

こういう不具合は、マウスの故障を疑って慌てて新品を購入しちゃう人もいると思うので、本当にやめてほしいですね。

もしも、このような不具合に直面した時には、他のアプリケーションでも同じようになっているかをよく確かめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする