Amazonのcyber mondayで念願のPowerHouseを購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日(2017/12/11 23:59)までAmazonで開催していたサイバーマンデーで、念願のポータブル電源であるAnker PowerHouse(434Wh / 120,600mAh)を購入しました。

これ1つあれば災害時にも安心ですし、電源の無いところでもMacBook Proの運用が可能となるので活動の幅が広がります。

今回は、そのPowerHouseの購入までとPowerHouseの説明をダラダラとしていきます。

いつも内容が短いこのサイトの記事にしては長めなのでご注意下さい。

PowerHouseを購入するまで

購入を考えた理由

元々、年末年始に仲間と初詣に出向いてから初日の出を拝むのが長年の恒例となっていて、移動時間や待機時間に持参したPCやスマホや携帯ゲーム機で遊んでいるのですが、その度に電源をどう確保するかが長年の課題でした。

スマホや携帯ゲーム機ならモバイルバッテリで何とかなるのですが、PCともなるとなかなかそうはいきません。

Surface Pro2を所有していた時は、

こういったモバイルバッテリを使用して誤魔化していたのですが、MacBook Pro 15インチ(2016)ともなると、87Wとなってしまうのでそれすら難しいわけです。

そんな時に現れたのがPowerHouseでした。
この製品は熊本地震の際に、被災地に無償提供された事でも話題になり、以前から欲しかったのですが、価格が定価で49,800円という事で躊躇していたんです。
(Suaokiのポータブル電源でもよかったのですが、現在は姿を消してしまってOEM品になってしまったのでやめました)

以前からAmazonのセール時に度々この商品が割引されているのを見ていたので、今回もきっと売り出すだろうとずっと期待していました。

ですが、78時間というセール期間中にかなりの頻度でサイトにアクセスしましたが、一向にセールに出てくる気配がありません。

仕方ないので、Nintendo Switch用にこんなモバイルバッテリを購入して今回のセールは終わるつもりでした。

そんなこんなでセール最終日、奇跡が起きました。

キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

当然ながら速攻で購入してしまいました。

PowerHouseとRAVPower USB-Cバッテリの開封

商品がヤマト運輸のセンターに到着したので仕事帰りに引き取ってきました。

早速、開封していきます。

RAVPower USB-C 26800mAhバッテリ RP-PB058

まずは、RAVPowerのUSB-Cバッテリです。
こちらの製品には充電用のACアダプタが同梱されていない為、別途準備する必要がありますので注意して下さい。

同梱物は、スタンダードなMicroUSBのケーブルとUSB C-Cケーブルと本体用の袋です。

普段使いの充電(スマホやNintendo Switch等)であれば、この製品だけで余裕でしょう。

この製品の情報をAmazonから転載しておきます。

  • USB-CポートとUSBポートの便利な組み合わせ:30WまでのUSB-Cポートが1つ、5V/2.4AまでのUSBポートが2つ、 スマートフォン、タブレット端末からUSB-C規格のノートパソコンまで急速充電できます。
  • 26800mAhの超大容量:本体を1回満充電することで、Macbook Pro 2016約1回、Switch約3.7回、iPhone 6s約10 回、Galaxy S7 約6 回の充電ができます。
  • バッテリー本体への充電も速い:USB-C PD対応の充電器で充電すると、空から満タンまで僅か5.5時間ぐらいしかかかりません。(USB-C PD対応のケーブル付、USB-C PD充電器付属しません)
  • iSmart出力自動判別機能:接続されたデバイスを自動的に検知し、最適な電流をお送りします。デバイスに応じてわざわざ充電ポートを選ぶ必要がありません。
  • 安心して使えるバッテリー:バッテリーに多重保護チップが内蔵され、過充電、過放電、過熱、短絡などから、本体と大切なデバイスを保護します。18ヶ月の日本国内安心保証付、万一の場合、カスタマサポートまでご連絡ください。

Anker PowerHouse(434Wh / 120,600mAh)

次にAnkerのPowerHouseです。覚悟はしていましたが、やはり大きいですね。
重さは約4.2kgとの事ですが、取っ手がついていて持ちやすく思っていた以上に軽いです。

私の場合は車で携帯するので、これくらいの大きさでも問題は無いです。

この製品の情報もAmazonから転載しておきます。

  • 【※ご注意:Anker製品はAnkerDirectのみが正規販売店ですのでご注意ください】Anker製品の強み:2000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試し下さい。
  • ポータブル電源: USBポートからスマートフォンを約40回、ACコンセントからノートパソコンを約15回フル充電可能。またキャンピングライトであれば連続約100時間、ミニ冷蔵庫は連続約7時間、TVなら連続約4時間使用が可能です。
  • 驚くほどコンパクト:PowerHouseは業界で最も小型かつ軽量の434Wh電源。リチウムイオン電池を搭載することで、鉛蓄電池にくらべ、大幅な小型化を実現しました。DCやAC出力も可能なので、災害時やキャンプなど、電源供給が不安定な環境での備えに最適です。
  • 高い安全性: バッテリーマネージメントシステム(BMS)により電圧や温度を適切に管理し、高い安全性を実現。また、アクティブ方式のセル・バランシングを採用することで、バッテリーのエネルギー効率を最適化と、バッテリーの寿命の長期化も実現しました。
  • パッケージ内容:Anker PowerHouse (434Wh ポータブル電源)、ACアダプタ (304cm)、Micro USBケーブル (60cm)、DCケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサポート

購入したポータブル電源とモバイルバッテリの用途

RAVPower USB-Cバッテリ

RAVPower USB-Cバッテリについては上記しましたが、

  • スマホやNintendo Switch等の充電

に使用します。

現在は、かなり前に購入したAnkerの15,000mAhバッテリであるAstro E5を普段使用しているのですが、こちらのバッテリに置き換えます。

ただ、今までのAstro E5よりもバッテリ本体のサイズが肥大化してしまったので、バッグに入れての携帯になりますが…。

PowerHouse

PowerHouseに関しては、

  • 災害時の非常用電源
  • 車中泊やノマド時の電源
  • 年末年始時の電源

で利用していきます。

特に私の場合は車中泊頻度が高いので、車のエンジンを切って電気を使えるのが非常に嬉しいです。

最後に

この手の製品は人によっては高いと感じるでしょう。
たかが充電用のバッテリに数万出すとかあり得ないと思う方もいらっしゃると思います。

ですが、用途さえハッキリしていれば決して高い買い物ではないと私は考えています。
私自身、東日本大震災の時に電気の有難さを身をもって感じたので、この手の備えというのは必要だと思っています。

特にPowerHouseの容量は災害時には心強い味方になってくれるに違いありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする