PowerHouseの不満点を解消してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、先日購入したPowerHouseの不満点を解消した話です。

PowerHouseを購入した時の話は、

Amazonのcyber mondayで念願のPowerHouseを購入しました!

をご覧ください。

大容量だしデザインも好みのPowerHouseなんですが、個人的に不満な点があります。

そのままでもよかったのですが、気になって気になって仕方なかったので不満点解消に動いてみました。

PowerHouseの不満点

個人的に不満な点は、

DCのシガーソケット部分の穴が剥き出し

ってところです。

もうAmazonからは無くなってしまいましたが、比較対象としてよく出てきていたsuaokiのポータブル電源はきちんとキャップが付いていたんですよね。
(最近出たSmartTapのPowerArQには付いてませんが…)

どうでもいい部分なんでしょうが、気になって気になって仕方がない!

というわけで、この部分にキャップを入れてみました。

キャップを購入

Amazonでこんな製品を見かけました。

私はたまたま立ち寄ったオートバックスで全く同じ物が売っていたのでそこで購入しました。
税込で484円でした。

早速取り付けてみた

こんな感じになりました。個人的には剥き出しだった穴が塞がって満足しています。

不満点は解消したけど新たな不満が生まれた…

不満点であるシガーソケットの穴を塞ぐ事に成功しましたが、それによって新たな不満が生まれてしまいました。

それは、

キャップが出っ張って当たりやすくなった

という事です。

これに関してはどうしようもないし、自分でもそうなる事をわかっていて購入したので、携帯時にこの出っ張りが邪魔なようであれば、その都度キャップを外す事で対応しようと思います。

最後に

シガーソケットの穴が剥き出しなのが気になる方は、私のようにキャップを導入してみてはいかがでしょうか。

個人的には、suaokiのポータブル電源のキャップ並とは言いませんが、この出っ張りがもう少し解消出来れば嬉しいですね。

他にもいいキャップがあるか今後も探してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする