MacBook Proを携帯する為のカバンを考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Proの15インチくらいの大きさになると、携帯する為のカバンもそれなりのサイズが必要になります。

今まで大して考えもせずに自宅にあったバックパックに入れていましたが、最近自分の中でマイブームになっているMacBook Pro環境の心機一転の流れで、携帯用のカバンについても改めて考えてみる事にしました。

現在使用しているカバン

このバックパックには相当愛着がありますので、無駄にダラダラと書き綴っています。

購入時期やら購入場所やらメーカーやら

約20年前に、昨年の2017年10月30日で惜しまれつつ閉店してしまったニッピン秋葉原本店で、仕事帰りにドイツの1898年創業の老舗ブランドであるdeuter(ドイター)のバックパックを購入し、それをMacBook Proの携帯に使用しています。

製品が相当古いせいなのか、Googleで画像検索しても日本版・アメリカ版・ドイツ版のいずれも同型の画像が見つかりませんでした…。

バックパックのどこを見ても型名のわかるものが無かったので、実際にいつ頃の何というシリーズの物か不明ですし、容量も謎です。

どれくらい荷物を入れられる?

容量が謎なdeuterのバックパックですが、MacBook ProとACアダプタや外付けHDD等のMacBook Pro用アイテムを入れても相当余裕があります。
余裕がありすぎて、さらにNintendo Switchを入れたり出先でゲームをする為のゲームコントローラーを3つ入れたりしつつ、買い物で買った2Lのペットボトルを数本入れたりできます。

まあ、そこまで入れちゃうと重量は相当重くなっちゃいますけど…。

このバックパックの思い出

購入当時、青春18きっぷで旅をするのが大好きだったので、このバックパックを携帯してあちこちに旅行へ出かけた思い出いっぱいのアイテムです。今でも車中泊の旅の際には、この中に着替えなどを入れています。

ある意味、私にとっては今も昔も無くてはならないアイテムですね。

新調を検討している理由

現状、不自由無くこのバックパックを使用しているので、今後も使用し続けて問題無いのですが、普段使いで使用するには大き目なんですよね。

実際に見た目が旅行しているような感じっぽいと知り合いにも指摘されています。

確かに言われてみればカフェなどでこのバックパックを携帯して入店すると、周囲の視線を多少なりとも感じるような気がしますし、長年使い続けているので、経年劣化などでそれなりにくたびれてきています。

そんなわけでいい機会なので、このバックパックは従来通り旅専用にして、MacBook Pro用にカバンを新調する事を検討しています。

改めてMacBook Pro用のカバンを考える

軽量で動きやすく機能性に優れた製品が理想です。

Amazonでも色々と検索して探しているのですが、種類がありすぎて迷ってしまいますね。

現在使用しているバックパックのブランドであるdeuterには愛着もありますし、耐久性は長年使い続けて身をもって知っているので、またdeuterのバックパックを購入するのもアリかな?なんて考えもあります。

最後に

選択肢が多くてなかなか絞り切れませんが、普段使いのアイテムですのできちんとした物を選びたいです。

こればかりは高い価格だから最高のアイテムというわけではなく、自分に合ったアイテムが一番ですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする