自宅のインターネット回線のプランを変更してみた(その2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、NTT東日本にフレッツ光のプラン変更の申し込みをしたところで終了しました。

自宅のインターネット回線のプランを変更してみました。ウチはまだギガ対応じゃないんです…

今回はプラン変更が出来たようなので、実際に確かめてみました。

NTT東日本担当者からのメール

プラン変更を申し込んだ際に、NTT東日本担当者から以下のような文章のメールが届きました。

◇ギガラインタイプへの切替えについて

切替え日は 平成30年 2月 19日 となります。

※担当者がお客様宅へお伺いしない工事となります。

※工事日当日はONUの電源をONにしていただきますようお願いいたします。

※プロバイダによっては、再接続にあたり、接続設定変更が必要な場合が
ございますので、ご契約されているプロバイダ様にご確認の上、必要に
応じて、変更していただきますようお願い致します。

※工事日当日午前4時、リンクダウンにより最大5秒間、以下サービスが中断
いたします。
・ひかり電話、ひかりTV、U-NEXT、フレッツVPNワイド、VPNゲート

※当日午前7時以降、お客様ご自身で、パソコン、ルータ等電源を切り、
6分以上経過後、再接続していただく必要がございます。

※ネットワーク側の設定変更が発生するため、その際約1時間程度インターネットを
ご利用できなくなることがあります。

これって午前7時過ぎれば切り替えされてるかもって認識でいいんですよね?

というわけで、実際に午前7時過ぎに回線テストを実施してみました。

午前7時過ぎ時点の回線状況

まずはBNRスピードテストから。

ご利用中のネット回線の通信速度を測定可能。フレッツ光、ADSLなどの回線速度の統計情報、iPhone/iPad等のスマートフォンの測定ページもあり。
  • ダウンロード速度(before)

  • ダウンロード速度(after)

  • アップロード速度(before)

  • アップロード速度(after)

圧倒的に速度アップしているのがわかります。
どうやら無事にギガラインタイプへの切り替えが実施されたようです。

次に、Speedtest by Ooklaでも測定してみました。

Test your Internet connection bandwidth to locations around the world with this interactive broadband speed test from Ookla
  • before

  • after

afterは前回の記事に掲載したbeforeの重複しているサーバを削除して同様のサーバを指定して計測してあります。

こちらも圧倒的な差が出ていますね。

特にBunkyoサーバのダウンロードは何が起きたんだ!?ってくらいに速度が改善されています。

何でもっと早くに切り替えなかったんでしょうか…。
自分でもここまで快適になるとは思ってなかったのでビックリしています。

最後に

これで終わりと思わせておいて、実は次回に続きます。

プロバイダの申し込みが遅かった為に今回の記事には間に合いませんでしたが、次回はIPv6で接続してみたいと思います。

無事に繋がるといいんですが…。

※次の話

ようやくプラン変更が完了したのでIPv6接続の設定をしてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする