自宅のインターネット回線のプランを変更してみた(その3)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までの話は、

自宅のインターネット回線のプランを変更してみました。ウチはまだギガ対応じゃないんです…
プラン変更されたようなので回線速度を測定してみました。

をご覧ください。

遂に念願の回線プラン変更をしたわけですが、今度はIPv6接続をしていきたいと思います。

果たして無事にIPv6接続出来るのでしょうか!?

プロバイダにIPv6接続サービスの申し込み

私が使っているプロバイダはBIGLOBEで、IPv6サービス(IPv6オプション)が提供されています。

なので、早速申し込んでみました。

2/19 7:00過ぎ申し込み

回線プランが切り替わった直後に申し込んでみました。

この時点で、フレッツ光公式サイトのご利用状況ステータスは更新されておらず、△の申し込み中状態でした。

その後9時過ぎにメールが来て申し込みがキャンセルされました。

【お知らせ】IPv6オプションのお申し込みが「取消」されました

平素よりBIGLOBEをご愛顧くださり、誠にありがとうございます。

「IPv6オプション」のお申し込みをいただきましたが、以下の理由により
お申し込みが取消となりましたことをお知らせいたします。

※本メールはBIGLOBEで自動的に「IPv6オプション」の適用を実施した
お客さまにも送信されております。
その場合は、別途BIGLOBEから今後の適用についてご案内いたします。

【NGコード】
ERR001
【理由】
お申し込みの回線が存在しないか回線工事中です
【解消方法】
お申し込み時のお客さまIDを確認してください。
お客様IDが正しい場合、回線事業者に工事完了を確認のうえ、再度
お申し込みください。

うーん、ちょっと申し込んだのが早かったようなので再度申し込んでみました。

2/19 11:00過ぎ申し込み

申し込みしたら返事来たのが翌日の9時過ぎでした。

これもまたキャンセルされました。理由は前回と同様。

仕方がないので、フレッツ光公式サイトのご利用状況ステータスが更新されるまで待つ事にしました。

まあ、これが本来なら普通の形なんですけどね…。

2/20 9:30過ぎ申し込み

フレッツ光公式サイトでプラン変更が反映されているのを確認してから、懲りずにまた申し込んでみました。

11時頃にメールが来て、ようやくIPv6サービスに加入出来ました。

【お知らせ】IPv6オプションの設定が「完了」しました

平素よりBIGLOBEをご愛顧くださり、誠にありがとうございます。

「IPv6オプション」の設定が完了いたしました。

お客さまID:***********
契約開始日:2018年 2月 20日

NTT東日本/NTT西日本提供の「フレッツ・v6オプション」の契約も完了し、
すでにIPv6によるインターネット接続をご利用いただけます。

以下「BIGLOBE会員サポートサイト(IPv6オプション)」で
IPv6によるインターネット接続ができていることを確認してください。

ちなみに私が契約したギガラインプランは、デフォルトでIPv6の契約がされているのでNTT側への申し込みは不要でした。

やっとスタートラインに立てたので、ここから早速IPv6設定をしてみました。

IPv6接続設定をしてみた

IPv6接続をする際に参考にさせていただいたサイトは、

です。

プロバイダがBIGLOBEでひかり電話無し、ルータは対応したものを自前で準備という点が私と同じだったのでかなり参考になりました。

私が使用しているルータは結構前に購入したWXR-1750DHPで、運のいい事にIPv6接続に対応していました。

無線LAN親機(Wi-Fiルーター) WXR-1750DHP エアーステーション ハイパワー Giga 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps

せっかくなので、私がWXR-1750DHPで設定した方法を記しておきます。

WXR-1750DHPの設定方法(私の場合)

まずは、本体底部にあるリセットボタンを押してルータを初期化します。

ルータにブラウザでアクセスして、詳細設定を開きます。
ちなみに、リセットして初期化したことによってパスワードも初期化されていますので、

password

と入力します。

Internet内のInternetを選択して、

v6プラス接続を使用する

を選択して下にある設定ボタンを押します。

次に、Internet内のPPPoEを選択して、

PPPoE接続をしませんので、中身が空っぽなのを確認します。

確認後、Internet内のIPv6を選択して、

IPv6パススルーを使用する

を選択して下にある設定ボタンを押します。

ここまで設定したら設定画面右上にある、

をクリックして終了となります。

設定すると【INTERNET】ランプが消灯しますが、5分~10分程度で点灯してインターネット接続が出来るようになります。

ルータに設定をした後、最終確認として片っ端からIPv6接続確認サイトにアクセスしてきちんと設定出来ているかを確認しておいた方がいいでしょう。

速度測定をしてみた

今回は、

Test your Internet connection bandwidth to locations around the world with this interactive broadband speed test from Ookla

こちらのサイトだけを使用しました。

ギガラインプラン変更前(2/13~2/19)と、IPv6導入直後のIPv4状態(2/19)とIPv6オプションに加入してルータにIPoE設定した後(2/21~2/22)となっています。

今回の画像はわかりやすくする為に、使用したサーバを全て統一してTokyoのOPEN Project(via 20G SINET)にしてあります。

不思議なんですが、ルータの設定いじる前の方が速かったんですよね…。

ただ、21時台でも安定して上下200Mbps以上出ているので、元々のプランで100Mbps出ていなかった状態から考えると、この結果は個人的には満足しています。

最後に

今更ながらにギガ対応してみましたが、今までの最大100Mbps状態から考えれば相当なパワーアップが達成出来ました。

一部で話題のNUROならもっと速いんでしょうけど、現状はこれでいきたいと思います。

もしまだギガ対応していない方でプラン変更を考えている方は、サービス提供エリアにお住まいであれば是非検討してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする