当サイト内の検索キーワードランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトには検索ボックスがあるのですが、訪問された方はそこに色々な単語を入力して記事検索をしてくださいます。

今回は、当サイト内の検索キーワードランキングを見てみようかと思います。

一体どんなキーワードがランクインしているのでしょうか?

当サイト内の検索キーワードランキング

それでは早速ランキングを見てみましょう。

今回使用するデータは、2018年04月18日から過去30日間に検索されたキーワードTOP10です。

  1. mdt242wg
  2. hcline.com
  3. 大翔鳳
  4. マトヨン
  5. https://hcline.com
  6. 障害者 メル友
  7. hcline
  8. 会津若松駅 ライブカメラ
  9. ニトリ フリーデスク レビュー
  10. ニーヒャ

折角なので、それぞれのキーワードについて触れていきます。

1. mdt242wg

これは、三菱電機が2012年12月07日に発売した液晶モニタのMDT242WGの事です。

三菱電機の公式サイトは、

高画質・高機能な三菱ディスプレイのページです。豊富なラインアップから動画/静止画/パブリック用途にピッタリの一台を探し出せます。

です。

私が以前使用していたモニタであり、リニューアル前のこのサイトの記事に度々出てきたモニタなので、検索してこのサイトに来る方も多いのでしょう。

このモニタは、

愛用していたMDT242WGが完全にお亡くなりになりました…

の記事にもあるように故障してお亡くなりになりました。

入力端子が多くて色々と接続出来たのでかなり便利なモニタだったんですけどね。

2. hcline.com

このサイトの事ですね。

ぶっちゃけ、このキーワードで検索してもTOP画面表示されるだけで何も無いです。

3. 大翔鳳

私の大好きな力士だった大翔鳳もランクインしていました。

一応、Wikipediaへのリンクを掲載しておきます。

若くして亡くなってしまった力士なのですが、今の相撲界に彼がいたらなぁと思わずにいられない力士です。

当サイトでも記事を書いたのですが、今は非公開となっています。

4. マトヨン

オカリナ奏者の宗次郎さんの楽曲である、

四季~愛しき子供達へ

が松戸駅4番ホームで発車メロディとして使用されていた事から、鉄な方の間ではマトヨンと呼ばれていました。

実際に通して楽曲を聴いた事ある方ならわかると思うのですが、とても壮大な良い曲です.
ただ、発車メロディ化すると激しく暗く感じる作りになっていた為、自殺促進曲扱いされていたのが残念でなりません。

当サイトで軽く取り扱っただけなのに今でも検索される方がいる事を考えると、この曲の良さを理解出来る方がいるんだなぁと嬉しくなります。

記事は非公開中。

5. https://hcline.com

これも上記の2. hcline.comと同じですね。

意味の無いキーワードなので検索しない方がいいですよ。

6. 障害者 メル友

バイト先で知り合った常連の障害を持つ男性とメル友になった話を公開していました。

この男性とは何回かやり取りした後、向こうからメールが送られてくる事が無くなってしまい、結果としてメールのやり取りをする関係は自然消滅してしまったのですが、今でもバイト先の常連として通っているとパートの方から聞いているので、元気でやっているようです。

結構重たい障害を持っている方だったのですが、メールの内容は至って普通でした。

彼とのやり取りは、自分の価値観を変えてくれたとても貴重なものだったと思います。

当時の記事は非公開です。

7. hcline

このキーワードはhclineという単語に興味を持って検索されたものなのか不明です。

一応、このキーワードhclineがどのように命名されたかは、

1995~1997 I・タック・マイケル(全員HN)の3人でサークル【電脳爺】発足. 雑談により結成したグループである.主にゲーム作成を...

サイトの歴史に書いていますのでご覧ください。

8. 会津若松駅 ライブカメラ

ありがたい事に、会津若松駅のライブカメラ記事を閲覧する為にこのサイトに来て下さる方がいるようです。

JR会津若松駅に設置されているライブカメラについて書きましたが、サービス終了したそうです。非常に残念。

記事にも書いてありますが、このライブカメラは既に終了しています。

ただ、このライブカメラのおかげで私は会津地方に興味を持って、実際に会津若松市に行ったりもしているので、私にとってはかけがえのないコンテンツでした。

9. ニトリ フリーデスク レビュー

多分これは、

ニトリの組み合わせフリーテーブルがPCデスクに向かない理由です。いい加減、ちゃんとしたの買おうと思ってます。

この記事目当ての方が多いのではないでしょうか。

記事作成時には無かったのですが、プレフェシリーズとして組み合わせデスクがリニューアル発売してから、さらに検索数が増えたようです。

ニトリ通販の組み合わせデスク販売。豊富な種類・サイズから、インテリアに合わせおしゃれにコーディネート。

プレフェシリーズとなってから私は購入していないので、今でも作成した記事のような不具合があるかどうかはわかりません。

ただ、天板の仕様は変わっていないようなので、そこまで変わらないんじゃないかな?というのが個人的な感想です。

10.ニーヒャ

個人的に一番ビックリしているのがこのキーワードです。

ニーヒャといえば、元ドリカムの西川隆宏氏の事ですね。

今、彼がどうしているのか興味があってサイト検索している方がいるという事でしょう。

多分ですが、ドリカムのベストアルバムである、

私のドリカムのジャケットイラストの左上の方にいるのがニーヒャだと話題になったので、その影響もあるのではないでしょうか。

最後に

きっかけはどうあれ、当サイトにお越しいただきありがとうございます。

上位に3つhcline絡みのキーワードがあるのには驚きましたね。

これからも頑張って色々な記事を作成していきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする