国道乗継の旅 第1回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトでは12か月連続の旅というシリーズ物を連載していた.

12か月連続でどこかへ出かけて記事にするというシリーズで、その際に軽い気持ちで企画実行したのがこの企画である.

それは、

国道だけを乗り継いで日本橋に行けるか?

というものだ.

今回は、その記念すべき第1回となる.

ルール説明

初めに、この企画のルールを説明しておく.

1回目ルール(今回)

  • 国道だけを乗り継いで日本橋を目指す.
    その際、現在走っている国道の番号と違う番号が出た場合は乗り換えなければならない.
  • 重複した場合は別の国道を走っているという扱いでそのままでも可.
  • 事故防止の為、乗り換えに失敗した場合はスルーでもいい.気になれば戻る事.
  • 最初に書いておくが、写真撮影は基本的に車内から.
  • 基本的に安全優先なので、写真が無い場合も多々あるが勘弁願いたい.

それでは、くだらない企画スタートです(´・ω・`)

1回目

1回目の今回は、国道の乗り継ぎだけで日本の道の中心である日本橋を目指すというもの.
壮大なテーマのようで、中身は馬鹿げてます.

国道297号~国道16号

最初は、以下の地図のような経路で船橋方面へ.

9時頃に自宅を出発.

どこをスタートにするかずっと考えていたのだが、スタート地点は市原市八幡の国道297号交差点.


ここから国道16号に出る.千葉市中央区村田町付近で国道357号へ.

千葉市中心部付近で14号との重複になる.このまま船橋方面へ.

幕張付近で14号は片側1車線となり、混雑が激しくなる.

それでも我慢してそのまま14号を直進していく.

西船橋付近で罠発生.全然マークしてなかった国道296号が現れたのだ.

下の地図は上の地図のBの位置の拡大版である.

ずっと14号で日本橋に着くなんて虫が良すぎる.
仕方ないので、途中で国道296号に入る事に.この時点で日本橋と逆方向へ.

296号は、朝のラッシュと車椅子の身体障害者が道路を移動していた影響で大渋滞になっていた.

障害者の方の為に補足すると、車椅子には厳しすぎる歩道だったので、平坦な車道を行かざるを得なかった.彼に非は無い.

1時間程度で八千代市に到着して再び16号に合流.これを柏方面に進む.

国道16号~国道6号


このまま6号まで行けるんじゃね?とか思ってた俺.

だが、神は面白可笑しく旅を演出してくれた….

国道464号との分岐があったので、行く事に.

すると…

上の地図の小室付近の拡大図を以下に記す.

Noooooo!!!!!

かりにくいのでちょっと縮小表示してみた.

余計に日本橋と逆方向だよ!!

瞬く間に日本橋とさらに反対方向に走る事になる.

千葉ニュータウンの街並みを見つめながら淡々と国道の交点へと走る.

嗚呼、日本橋さようなら…orz

国道464号は印旛村に入ったあたりでセンターラインが無くなる.

それでも印旛村を抜け、成田市で51号と合流した.


国道51号を佐原方面に北上.

408号と分岐し、408号を利根川方面.

利根川脇で356号へ.

356号を我孫子方面へ.

我孫子駅付近で罠にはまる.

名も無き道路の方がメインだったりする.
この道を直進して6号に出るのが一般的.

一度見落としてスルーしてしまったが、Uターンして何とかトレース.
とても国道とは思えない扱いになっていたが何とか乗り越えて6号を東京方面に.

国道6号~国道17号

呼塚交差点を16号で春日部方面へ.春日部で4号に乗り換えて東京方面に.

4号から463号に乗り換えて浦和方面.

浦和の県庁付近から17号を都心へ.


途中で298号を悩んだ挙句、左折して川口方面に向かい122号に.

(小さい地図でお届けします…)

122号から交通量が激しくなる.

王子から巣鴨方面に向かう途中、都電荒川線と一緒に走る.

免許取ってから、路面電車と走るのは実は初めてだったりする…(´Д`;)ヾ

そんな光景に和みつつ、何とか17号に合流して日本橋に.


何とかゴールしたにはしたけど、休日にやるもんじゃないと思った今日この頃.

この後、銀座を通って帰ったんだけど…、

混雑してたのは言うまでもない…orz

第2回予告

さて、とりあえず目的地には着けたんだけど、どうもしっくりこない.

俺、何か間違ってるんじゃね?とか思ってる自分がいる.

そうだ!

この地図の、赤丸の部分を拡大した下の地図の、

今回のルートを気になるルート側(和光市方面)に行けばどうなるんだろう?

悩んで出した結論が左折だったけど、右折だったらどうなってるのか?

と、いうのが2回目のキッカケとなるのであった.次回は、外環浦和ICからスタートである.

今回のルート

国道乗継の旅シリーズリンク

国道を乗り継いで日本橋を目指す旅の第1回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第2回です。

↑次の話はココ

国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第3回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第4回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第5回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その1です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その2です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その3です
思った以上に超大作になった国道乗継の旅を振り返ってみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする