国道乗継の旅 第6回その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、

国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その1です。

を参照.

今回はその1の続き.

果たして、無事に名古屋駅に辿り着く事が出来るのか!?

第6回その2

国道23号~国道19号

無事に前回のセーブポイントである愛知県豊橋市にある西八町に到着.
国道1号・23号・259号が交わるポイントである.

ここで俺は国道23号線を選択.

途中で国道23号と247号の交点があり、国道247号へ.

小坂井バイパス(有料なのだが深夜は無料)を通って再び国道1号を名古屋方面へ.

名電長沢駅を過ぎたあたりで国道473号が出てきたのでそちらへ移動.
雰囲気的に酷道を思わせるが一応2車線分はある.
ただ、スゲー道幅狭いけど….

暗闇に営業してるのかもわからんラブホが並ぶ姿はただただ恐怖であったヽ(;´Д`)ノ

そんなこんなで、蒲郡市に突入.

473号→23号→247号と長距離を移動して碧南市へ.

工場地帯を港沿いに北上し、国道419号線に入る.

そして、国道23号に合流したかと思ったらかなりの高規格道路になってやがる!

ひたすら走り続けてようやく俺は辿り着いたよ!

今回の旅の最終エリア

(何故縦書きなんだ…)

南関東在住な俺としては、都市部は結構慣れてるはずなんだけど、やっぱ東京とも横浜とも違う雰囲気なんだよねぇ.

これが中京圏かぁと1人で感動してしまった.

途中で高速高架下を走る道路となり、朝のラッシュと重なった状態で延々と移動.

流されまくって、飛島村とかって場所まで行っちゃったよママン(ノД`)

(同じような事を青森遠征記でもやったような気がする…orz)

これ以上名古屋駅から遠ざかると危険なので、飛島村で国道302号に入り、そのまま国道1号に入る.

1号から19号に入り、↓の写真のとこで国道の旅は終わり.

一般道で名古屋駅へ

ここからは国道では行けないので、細かい道を通って名古屋駅を目指す.
目的地が駅ってあたり、腐っても鉄道好きって事ですな.


ようやく俺が目指してた目的地である名古屋駅到着だ.

ここに俺の旅終了を宣言する!

だけど、先生(誰の事!?)も言ってたんだ….

家に帰るまでが遠足だぞ!

ってね.

そんなわけでもうちょい話は続く.

名古屋駅到着が早朝という事もあり、堂々と路駐して写真撮影をした.





喫煙者の俺にとって気になる看板も撮影.

この看板の横で、愛車SERENAに乗って一服してた俺は馬鹿である(´・ω・`)

ちなみに、俺の到達した場所は名古屋でもまだ開発の進んでない太閤通口の方である.
これ撮影したのが朝6時過ぎなんだが、桜通口とかあっち側じゃまともに撮影出来んよ.

さて、目標は達成したのだが、ここから話は続く.

寄り道タイム

実は妹がご当地リラックマ(詳しくは←サイト参照)大好きで、この旅が始まってからずっと購入してあげている.

そんなわけで帰り道にどれだけ寄り道して購入出来るかという馬鹿げた事をしようと思い立った.

今更だが、どこで何を購入したのかうろ覚えなので、ドライブ行って来た的な感覚で見てもらえれば幸いである.


とりあえず東名の名古屋ICに行く事にする.

名古屋高速に乗ってもよかったんだが、何故かこの時は金使う嫌だったのでやめた(ぉ

名古屋ICから小牧JCT経由で中央道に入る.

内津峠PAでとりあえず寝る事にした.
自宅出てからここまで不眠である.

2時間後、暑くて目が覚めた.
とりあえず食堂でメシを食う事に.

味噌カツ定食.

実は、その前にも守山PAで朝食と称してきしめん食ってるんだがな(*´Д`*)

(↑守山PAのきしめん)

買い忘れたご当地限定のリラックマをチェックして出発.

内津峠PAを出て通過するは黒夢ファンなら外せない多治見市である!

(黒夢ファンなら外せない清春の出身地である多治見)

多治見を通過し、次に停まったのは虎渓山PA.

次に停車したのは恵那峡SA.


旅に出たのが5月という季節柄、こいのぼりが印象的だった.

さらに車を進め、観光ガイドくらいでしかお目にかかる事のなかった下呂という単語を見つけた.

よっしゃー!!!
普段見慣れない単語にテンション上がってくるぜwwwwwwwwwwwwwwwwwww

だってさ、日本で指折りの温泉街の

Geroだよ!?

テンション上がらないわけがない!

その勢いのまま、俺の人生で初となる長野県上陸を果たす.
テンション上がりっぱなしの俺は、PAではなく、なるべく品揃えの良さげなSAに向かった.

それは駒ヶ岳SA.


ここでリラックマを大量に購入出来た記憶はある.

しかし、山がスゲェよな….

いつも山が低い千葉県に住んでるからかもしれんが、迫ってくるような山の迫力を感じずにはいられない.

もうちょっと長野県を堪能したくなった俺は、中央道を外れて長野道に.
そのまま梓川SAへ.


(これ撮影した時点で18時過ぎてます…)

単に愛知県から関東に中央道で戻るつもりだったのが、調子乗ってズレまくってしまったんで、上信越道で関東に戻る事に.

その前に姨捨SAだけはどうしても見たかったんで、立ち寄ってみた.

姨捨と言えば、色々な伝承がある姨捨山というイメージ.それで気になっていたのだ.

携帯でwiki調べた限りでは、善光寺平が見渡せる夜景100選に選ばれてるそうなので、善光寺平をちょっと撮影してみた.

うはwwwブレまくりwwwwwwwwwwwwっておい!orz

ちなみに、この写真は出口の途中で路駐して撮影したモノなので、焦りがモロに写真に出てますな…(´・ω・`)
(SAの敷地内とはいえ、高速道路に路駐とか普通にダメです.真似しないでね)

ここから上信越道に移動して、横川SAに到着.


横川といえば、鉄な俺からすれば速攻で思いつくのが『峠の釜飯』

峠の釜飯食べたかったけど、時間遅くて閉店後だった為に食べられず…orz

ちょっと眠気がきたので、ここで一休み.

国道乗継の旅シリーズリンク

国道を乗り継いで日本橋を目指す旅の第1回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第2回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第3回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第4回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第5回です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その1です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その2です。
国道を乗り継いで目的地を目指す旅の第6回その3です

↑次の話はココ

思った以上に超大作になった国道乗継の旅を振り返ってみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする