キーボードを新調した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が今まで使用していたキーボードは、

FILCO Majestouch 2 茶軸

でした。

このキーボードが、一部キーの入力を高頻度で受け付けなくなる不調に見舞われて使い物にならなくなってしまったので、キーボードを新調しました。

一体どんなキーボードを買ったのでしょうか?

キーボードを買いに行ってきた

今回買いに行ったのは、

柏駅前にあるスカイプラザ柏内のビックカメラです。

千葉県"柏駅"東口のすぐ目の前!カメラ、家電、パソコン、オーディオなど親切丁寧にご案内いたします!ビック特価でいつでもお買い得!お得なセール情報も配信中です!

以前書いた、

欲しいという記事を書いたその足で衝動買いしてしまいました…

ではビックカメラ船橋駅FACE店でiPadを購入していますが今回は柏のビックカメラです。

その理由は単純で、購入したキーボードの在庫がこの店舗しか県内に無かったからです。

池袋本店なら在庫あったんですが行くのが面倒で…。

購入したキーボードは?

今回購入したキーボードは、

東プレのREALFORCE 108UHです。

オマケでFILCOのウッドパームレストLも購入しました。

早速箱を開けてみます。

もう何の飾り気も無い武骨な感じです。

だがそれがいい…。

一緒に買ったウッドパームレストと一緒にするとこんな感じ。

今の時代にこのデザインは賛否両論あるでしょうが、私はPC98所有者という事もあってこのデザインは昔のPCキーボードを彷彿とさせてかなり好きです。

余計な物を付けずにあくまで王道を行く感じがいいですね。

今回買ったキーボードの説明

このキーボードは結構前(2007年)に発売された物なのですが、だからと言って古いなんて事は全くありません。

特徴として、

  • 荷重45g
  • キー刻印が昇華印刷
  • キースイッチが静電容量無接点方式

となっています。

詳しい説明は、PCショップのツクモさんが特集ページを開いているのでそこを見るとわかりやすいと思います。

爽快打鍵!キーボード特集 番外編「東プレREALFORCEキーボードまとめ特集」 パソコン・ゲームPC・自作パソコンを通販で購入するならパソコン・PCパーツ専門店のPCショップ【TSUKUMO】 自作PCに必要なパーツや周辺機器など低価格・豊富に品揃え。商品の特集ページもありますので、自作パソコン初心者の方にもおすすめ...

ですが、これで終わってしまってはあまりに適当過ぎるので、自分の言葉でも多少はこの製品を選んだ理由を説明していきたいと思います。

荷重45g

キーを押し込む時の重さを表す数字で、これが少ない方が軽いという事になります。

仕事では黒軸・自宅では茶軸と、以前からメカニカルキーボードを使用していたので、この部分は45gでも気にならなかったです。

茶軸が大体荷重45gぐらいだったはず。

変荷重じゃなくても特に困らないし、最近出ている軽荷重の30gより押した感があるので私はこれでいいかなと。

キー刻印が昇華印刷

長期使用していてもキートップの文字が消えづらいそうなので、昇華印刷のものにしました。

まあ、実際はブラインドタッチをしているのでキートップの文字なんて大して見てないし、文字が消えても問題無かったりするんですけどね…。

キースイッチが静電容量無接点方式

デスクトップではメカニカルキーボード、ノートPCはMacBook Proのバタフライ構造キーボードを使用していたのですが、

MacBook Proのキーボードが不調なので修理の持ち込み予約をしました。

という話にも書いたように、MacBook Proでチャタリングが起きてしまいました。

私にとって因縁ともいえるチャタリングですが、キースイッチが静電容量無接点方式だと接点が無いのでチャタリングが起きないそうです。

その為、銀行などのATMなどでも採用されている仕組みなんだとか。

今回、私がREALFORCEを購入した一番の理由はこのキースイッチですね。

ただ、ゲームメインでPCを使用しているのであれば、メカニカルの方がいいのではないでしょうか。

その他の個人的な理由

キーボードの色

本当は黒いキーボードを選択したかったのですが、使い続けるうちにホコリが目立ったりキー刻印が見えにくくなってしまうそうなので、あえて黒は買いませんでした。

ウチのPC環境では間違いなく黒の方が合うのですが、そこは仕方ないですね。

テンキー付きのフルキーボード

テンキーレスにして机の上をスッキリさせるのもよかったのですが、私は意外とテンキーを使うのであえてテンキー付きの108キーモデルにしました。

JISキーボード

MacBook ProではUSキーボードを使用していますが、自宅ではJISキーボードを使用しています。

理由は単純で、私以外の人がPCを使用する事があるからです。

自分がUSキーボードを使えるからといって他の人も使えるとは限らないので、こういう時にJISもUSも両方使えるっていうのは便利ですね。

キーボードの打鍵音

メカニカルキーボードの打鍵音って独特で相当うるさいんです。

それをわかってて購入したのですが、優しく入力していてもカチカチとうるさすぎて深夜使用時に家族からクレームが来てしまったんですよね。

さすがにクレームもらってしまうとなると考えなくてはなりません。

この打鍵音問題ですが、今回のキーボードに変えてから多少は音問題が改善されたようで、家族からクレームは来なくなりました。

オマケで購入したパームレスト

パームレストで木製ってどうなんだろ?って思ってたんですが、ネットで見てみるとかなり評判良かったので店舗で衝動買いしました。

実際にこのパームレストと今回購入したキーボードの組み合わせでこの記事を書いているのですが、かなり使い勝手が向上しました。

本当はパームレストに滑り止めを付けて固定したいのですが、特に動いたりしていないのでしばらくはこのまま様子を見てみようかと思います。

最後に

PCを構成する上で人によっては軽視しがちなキーボードですが、普段使用するからこそキーボードはかなり重要な部分だと個人的には考えています。

皆さんも自分に合ったキーボードを見つけてみてはいかがでしょうか。

文字を入力するだけでも楽しくなりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする