Google AdSense アカウントの非承認メールが来た話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月14日。

その日も何気ない普通の一日でした。

こんなメールが来るまでは…。

いつも AdSense をご利用いただきありがとうございます。

Google では、広告掲載プログラムをご利用いただくことで、サイト運営者、広告主、ユーザーの皆様に利益をもたらすオンライン エコシステムの構築に努めております。そのため、ユーザーや広告主の皆様に対する行為がエコシステムに悪影響を及ぼす恐れのあるアカウントに対して措置を講じることがあります。このたび、お客様の AdSense アカウントで無効な操作が検出されたため、アカウントを停止させていただきました。

具体的な違反の内容につきましては、お客様に提供できる情報が限られており、アカウントで検出された無効な操作に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、Google 独自の検出システムを保護するため、これ以上詳しい状況をお知らせすることはできません。

サイト運営者様によっては、大幅な変更を加えて違反内容を修正したり、積極的に AdSense プログラム ポリシーの遵守に協力していただける方もいらっしゃいます。そのため、Google ではサイト運営者様と協力して問題を解決できるよう、お申し立ての手続きもご用意しています。お申し立てに際には必ず、トラフィックの分析詳細など無効な操作の原因と考えられる理由についてご記入ください。こちらのフォームからお申し立てを送信していただきましたら、その内容に応じて対応させていただきます。また、アカウントが閉鎖される一般的な理由をご確認いただいたうえでフォームを送信してください。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

は?訳わかんねぇし!?

と、このメールを受け取った人は誰もが思う事でしょう。

一部ではアボセンスとか呼ばれている非承認メールがついに私にも届いたので、申し立てをしてみました。

申し立ての前に無効な操作とやらを調べてみた

この時点で、詳細調査をしようにもGoogleアドセンスのページにログイン出来なくなっているので、Googleアナリティクスでの調査になります。

この時点でアドセンスとアナリティクスを紐づけしてない人は残念ながら門前払いです。

Googleが言うところの無効な操作とやらの情報が確認出来そうなアドセンスへのログインをさせてくれないあたり、初っ端からGoogleの不親切さが全開ですね。

私はアナリティクスの他にもサーバのログなどで色々と調査しました。

この日、合計で普段の3倍近いアクセスが一気にありました。

このグラフだとわかりづらいのですが、2時間の間に普段の約4倍のアクセス。

一部だけ抜け出しすぎて他の部分が霞んで見えてきます。

なので、この2時間に絞ってアクセスを調べました。

この時間帯、多数の不要なbotとAndroidのChromeでデータ圧縮時に経由するgoogle-proxyからのアクセスが大量に発生している事を突き止めました。

Googleに申し立てをしてみた

メールにあるリンクから行ける専用フォームよりGoogleに申し立てをする事が出来ます。

同じ境遇だった方のサイトを色々と拝見してみたのですが、

  • 申し立てチャンスは1回
  • 復活はかなり難しい

という事でした。

なので、見事に復活された方の文章などを参考にして2018年5月16日にGoogleに申し立てを行いました。

復活された方のサイトによると、申し立ての際に具体的な数字を示さないといけないという事だったので、不正だったと思われる部分の数字をきちんと出して送信しています。

申し立ての結果

2018年5月21日にGoogleから返事が来ました。

いつも AdSense をご利用いただきありがとうございます。

このたびは、申し立てのお問い合わせを承りました。AdSense プログラムのご利用継続をご希望ということで、お客様のアカウントの詳細と併せてご提供いただいた情報を確認した結果、誠に残念ながら、お客様の AdSense アカウントを再開できないとの判断に至りました。

お客様のアカウントでは、今後のお支払いが停止され、これまでのお支払いの再発行もできなくなります。未払いの残高と Google に分配された収益はすべて、影響を受けた広告主様に払い戻されることになります。また、お客様は利用規約に違反したため、今後 AdSense プログラムにご参加いただくことはできず、新しいアカウントを作成することもできませんのでご了承ください。

お客様のアカウントで検出された無効な操作に関して詳しい情報をご希望かと存じますが、Google 独自の検出システムを保護するため、これ以上詳しい状況をお知らせすることはできません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

まあ、やっぱりという感じの結果でした。

再開に関しては全く期待してなかったのでショックは無いのですが、現時点までどの利用規約に違反しているのかの説明が全く無く、あまりに今回の一連の流れが一方的過ぎて怒りだけが募ってます。

今後 AdSense プログラムにご参加いただくことはできず、新しいアカウントを作成することもできませんのでご了承ください。

とか書いておいて最後に、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

って喧嘩売ってるんですかね?

こちらを一方的に排除しておいて今後何に対してよろしくなんでしょうか?

非承認メールについて思う事

非承認メールはダラダラと長く難しい事が書かれていますけど、

お前のとこで無効な操作があった。
何が問題かは教えないけど速攻で改善して報告よろ!

って事ですね。

メールの本文には、

そのため、Google ではサイト運営者様と協力して問題を解決できるよう、お申し立ての手続きもご用意しています。

と書かれていましたが、Googleは今に至るまで全く協力なんかしてくれませんでしたよ?

こういう書き方をされると、お互いに情報のやり取りをして問題解決に向かっていく雰囲気がありますけど、Googleに連絡出来る申し立てとやらもたった1回だけしかチャンスが無く、しかも最初から最後まで詳細説明無しで却下してきましたからね。

協力して問題を解決とかやりもしない大嘘を堂々と書かないで欲しいです。

今回のメールは会社だったら、

お前今日でクビね!クビの理由は教えない♪

学校だったら、

お前今日で退学ね!退学の理由は教えない♪

ってある日突然、一方的に言われてるようなものです。
普通の人が面と向かってこんな事言われたら普通は納得出来ませんよね?

ビジネスだから仕方ないと言う方も中にはいらっしゃいますが、ビジネスだからこそ何故非承認なのか説明が必要なのではないでしょうか。

こんなちっぽけなどうでもいいサイトを無効な操作とかいう言いがかりで取り締まる暇があったら、あからさまな迷惑行為で荒稼ぎ狙ってるYouTuberを探して取り締まった方がよっぽど有益だと思うのですが。

今後のサイト運営について

最後に、今後のサイト運営について書きます。

元々、このサイトはアフィリエイトで稼ぐ目的で作ったものではなく、完全に個人的な趣味で長年ダラダラと好き勝手運営していますので今後も普通に継続します。

ただアフィリエイトについては、こういう物を導入しましたよって感じでブログの記事に出来るのでGoogleとは別の会社のものを導入します。

今回のアドセンス非承認メールの一件も、私にとってはブログのネタの一つに過ぎませんのでこんな事くらいでブログ終了はしません。

というわけで、怒りにまかせて色々と見苦しい文章になってしまって申し訳ありませんでしたが、今後も好き勝手運営していきますので宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする