GPD Pocketを衝動買いしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この話は、

FF11を遊んでいたら遊べるノートPCが衝動的に欲しくなったので買いに行ってみたのですが…
やっぱり遊べるノートPCが衝動的に欲しくなったので色々と探してみました。今回こそは購入するのでしょうか!?

の続きになります。

今更ながらにGPD Pocketを衝動買いして手元に届いたので色々やってみました。

メルカリ購入だったので端末を確認

メルカリでの購入なので、端末に何か不具合が無いか色々と確認してみました。

ボディへの傷や液晶の不具合や全体的な汚れなどは特に無く、GPDシリーズでたまにネタになっている同じキーが2つあったり、キーの上下が逆になってるなどのミスも無かったです。

軽く使用してみた感じ、動作面でも目立った不具合は確認出来ませんでした。

それ以外に個人的に感動したのが、

技術基準適合証明のR以外に技術基準適合認定のTが印字されていたんです。

BIOSを確認したら2017/08/07のバージョンだったので2017年8月以降出荷のもののようです。

売買のやり取りをする際に、出品者に製造月やロットなどを全く確認せずにただ価格だけを見て購入したので、これは思った以上に当たりの端末でした。

付属品も全てついていて、本体は思っていた以上に美品で、価格も通常のメルカリでやり取りされている価格よりも安かったので非常にいい買い物をしたと思っています。

GPD PocketのOSをクリーンインストールしてみた

日本製のPCであれば不要アプリを削除する程度でそのまま使ってしまうのですが、中華製となるとどこまで信用していいのかわからない部分があります。

GPD WIN2の一部でワーム・トロイに感染しているという話もありましたので、気分の問題かもしれませんがクリーンインストールをしました。

クリーンインストールのやり方については、ネットを検索すれば先人が色々と公開してくれているので問題ありませんでした。

この記事でも書こうか悩んだのですが、今更感がありますので省略します。

ただ、私の環境だとwifiで5Gが一覧から出てこなくなってJPパッチではダメでUSだとOKという状態になりました。

最後に

実際に所有して感じましたが、所有欲がかなり満たせる一品で購入して満足しています。
ロマン枠の端末ではありますが、性能に見合った使用方法であればかなり満足する動きをしてくれます。

近いうちにポインティングスティックをThinkPadの物に変更したりしてまた記事にしたいなぁと思っています。

もちろん、DQXやFF11のベンチや実機プレイもやりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする