HDMI→microHDMI変換アダプタを購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の話で、GPD PocketにUSB-Cハブを接続してハブにあるHDMIから外部モニタに出力を試してみました。

GPD PocketでMacBook Pro用に購入したアイテムを使用してみました。この端末はわかる人にはたまらない端末ですね!

ですが、GPD Pocketには最初からmicroHDMI端子があります。

ならばこの端子からの外部出力も試さねばなるまい!(謎

というわけでmicroHDMIから外部モニタに出力を試してみました。

変換アダプタを購入してみた

HDMI→microHDMIのケーブルを購入してもよかったのですが、今のところ私の環境では外出先でHDMI出力をする予定が無いのでそこまでお金をかけたくないと思い、ダイソーで変換アダプタを購入しました。

こんな感じのやつです。

今回はお試しなのでこれで問題無いでしょう。

HDMI出力が必要になった時が来たら、その時にきちんとした物を購入すればいいと思います。

実際に接続してみた

変換アダプタを本体のmicroHDMI端子に接続する際、若干固くて奥まで挿入するのにちょっと力を入れないといけなかったので注意が必要です。
この辺は個体差があると思うのであくまで私の環境の話ですが。

また、この変換アダプタの形状の問題で、USB-Cケーブルが接続出来なくなるので電源接続しながらの使用は無理です。

充電しながら外部モニタに出力したい場合は、素直にHDMI→microHDMIのケーブルを購入するか、USB-C部分に干渉しないような形状の変換アダプタを購入した方がいいでしょう。

ちなみに、接続してみた感じでは前回の記事のUSB-CハブにあるHDMIで外部モニタに接続したのと全く変わらない画質でした。

ただ、今回は接続が切れたりする事は無かったので、やはり専用端子からの出力ということでハブ経由より安定しているようです。

変換アダプタは100均でも全く問題無く使用出来る事がわかりました。

最後に

今回は100均アイテムでテストしてみましたが、出先でモニタに出力したいシチュエーションだと外部出力用の端子が最初から準備されているのは便利ですね。

こういう物まで100円(税込108円)で提供してしまうなんて、最近の100均アイテムは本当に侮れないです。

お金はかけたくないけど外部モニタに出力したい方は、100均の変換アダプタを購入してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする