MacBook ProにmacOS Catalinaを入れたのでSidecarを試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと来ましたね!

当然ながら我が環境にも導入しました。

今回個人的に気になってたのはやはりSidecarですね。

というわけで早速試してみました。

Sidecarとは?

まあ、まずはここからですね。

Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

iPadをMacのサブディスプレイとして利用出来るんですよ。

使い方によっては液タブにもなるっぽいです。
我が家にはApple Pencilが無いので何も出来ないですが…。

ちなみにSidecarを利用するにはMacとiPad共に条件があるので注意が必要です。

早速Sidecarを試してみた

ウチのiPadは第6世代。
MacはMacBook Pro(2016)。

ということでSidecar利用条件を満たしています。

それでは早速試してみましょう!

上の画像はiPadでMacのデスクトップ表示をしたものです。

一応表示は簡単に出来ました。

ただね…

画面表示小さいので変更しようとしても第6世代iPadだと1024×768でしか表示出来ないんですよ。

さすがにちょっと解像度小さいとは思いますが、出先でもマルチディスプレイが利用出来るというのはかなり熱いですよね!

実はこの記事はSidecarで接続したiPadにブラウザを表示させて作成しています。

母艦のMacBook Proは現在、

自宅でもMacBookProをガッツリ使えるようにお試しですがクラムシェルモードで動かしてみました。

でクラムシェルモードにしたままです。

個人的には、iPadOSでマウス・キーボードを接続した状態よりこっちの方が気に入ってますね。

iPadの前にMagic Keyboardを置いてPCとして使うスタイルは同じなのですが、やはりベースがMacというのが大きいのではないでしょうか。

この解像度なら調べ物用のブラウザやSNSのアプリやページを常時起動させておくのに丁度いいと個人的には思いました。
その使い方はMacとiPadそれぞれ別々でも可能なのですが、わざわざiPadをタッチせずともSidecarによってサブディスプレイ化すれば操作がMacからそのまま行えるのがいい感じです。

みんなが気になってるであろう遅延ですが、私が使ってる分には気にならないです。

普通にYouTubeやニコニコ動画再生しましたけど普通に視聴出来ました。

ただ、たまーにマウスカーソルが消えたりして挙動がおかしくなりますけどね!

最後に

条件を満たしたMacとiPadを両方持っていれば無料で利用出来るなんて素晴らしいSidecar。

これは使うしかないでしょ!

私は出先でサブディスプレイとして使用してみたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする